餅cafe & stay わが家

 TEL 0162-82-2923

  天塩郡豊富町3条通り

(国道40号沿いラッキー食堂様

レストラン松竹様より入っていただきますと右側)

 

駐車場はわが家の建物裏側にあります。混み合って停められない場合はお声がけください。くれぐれも、他店様駐車場へはお停めになりませんようお願いいたします。

 

 

 

     営業日

毎週 木曜日~土曜日

   

 

     営業時間

   11時から16時  

    (15時半ラストオーダー)

 

店主一人での営業の為、諸事情でお休みさせていただく場合もあります。また、土曜日の営業につきましては、不定期とさせていただきますので、ブログでお知らせいたしますが、ご来店前にお電話(0162-82-2923)

までお問い合わせいただく事をお勧めいたします。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

  わが家 営業日ご案内

 

    

7月20日(木)

※アロマの処方箋日の為10時オープン

 16時クローズ(ランチは11時からラストオーダーは15時半)

               21日(金)11時から15時

 21日(金)新月cafe 19時~21時

 

※ 7月22日(土) 都合によりお休みさせていただきます

 

 

  メニューの一部ご紹介

ありが豆(とう)しるこ600円

生キャラメル餅2個セット500円

トヨトミルクココア 400円

ゆず茶       400円

抹茶ミルク     450円

大和しじみスパゲティ   700円

道産10穀米お結び  250円

わが家は2011年11月11日

豊富町にオープンした小さな餅cafeです。

 

10年前に廃業した元民宿が店舗兼住宅と

して生まれ変わりました。

店舗内は当時4歳だった息子が寝た後、夜中に一人で改装作業。お店と言うにはちょっとお恥ずかしい位に、テーブルの天板から照明カバー、のれん、座布団カバーなどなど、何から何まで手作りのアットホームなわが家です。お席は椅子席10席、座布団のお席は4~6名様程座っていただけます。お子様連れの方に人気のソファー席にはお子様用の絵本や玩具も少しですがご用意してあります。ちょっと気分転換したいなって時にどうぞお気軽にお立ち寄りください。

ココロヨロコブ ありが豆(とう)料理

コンビニのお弁当やインスタント、レトルト食品でもお腹は満たされるし、たまに食べると美味しかったり。

でも、食べた時に、ココロまで嬉しくなるような、カラダが喜ぶような、そんな心と身体に優しい料理を作りたい。

それが私にとってのありが豆(とう)料理なのです。

 

「ありが豆(とう)しるこ」

わが家の看板メニュー「ありが豆(とう)しるこ」はサラッとしていて小豆がタップリ。あずきは名寄市風連町産。餅は遠別町のはくちょう餅。てんさい糖と宗谷の塩のみで味付け。

本当はおしるこ苦手だったのに、これは美味しい。お客様から嬉しい言葉をいただく事も多いです。ドロっとしたおしるこにならないのは、5時間かけて豆を煮立たせないように、ゆっくりコトコト煮込むから。お餅だけが主役じゃなくて、小豆もしっかりたっぷり味わって欲しくて、ありが豆(とう)しるこを作っています。

 

「どうして てんさい糖なのか」
 私も息子もアトピー体質ですが、豊富温泉の湯治で健康な体を手に入れる事ができました。でも、毎日の暮らしの中で健康を維持する為に特に大切にしているのが食事です。
これまでも地産地消を意識して食材を選んできましたが、 出来る限り近隣で採れた物を使い、甘味はてんさい糖のみ、精製された砂糖類は使いません。塩は宗谷の塩。そして、作りたてを食べていただく。これが、わが家の こだわりです。


 もう10年以上、白砂糖は使わず料理は北海道産のてんさい糖のみを使用してきました。砂糖には色々な種類があり、黒砂糖やきび砂糖などもミネラル分は豊富ですが、体を温める唯一の砂糖がてんさい糖です。飲み物類の甘味付にはてんさいオリゴ糖を使いますが、腸内環境を良好に保つために欠かせないビフィズス菌を増やす効果も期待できます。 もともとは便秘体質だった私ですが、10年以上、てんさい糖を使い続け効果を十二分に感じております。小さなお子様は特に甘いものが好きですよね。てんさい糖を使ったメニューなら安心してお召し上がりいただけると思います。

 

「餅カフェにした理由」

餅cafeにしたい!と思った最大の理由は、お餅が大好きだから。洋菓子のように色々な食材を使っているとアレルギーなどある場合にもわかりにくい。息子が酷いアトピー症状で苦しんでいたころ、毎日の食事はもちろん、パン、お菓子も全て手作りでした。中でも、お餅は余計な物を使わずに美味しく食べられるし、何だか心まで満たされる。大好きなお餅を一年中、食べられるお店があったら・・・という気持ちが膨らんで自分でCafeを作る事にしました。わが家で使う丸餅はつきたての北海道遠別産のはくちょう餅。数を限定にする事でつきたてのお餅を食べていただこうと考えました。おしるこはもちろんですが、つきたて餅を使ったオリジナルメニューもぜひお召し上がりください。


 

小さい頃、お母さんのお料理を手伝ってお鍋でコトコトする時に、「おいしくなーれ♪」って声をかけたことはありませんか?

そうすると、本当に美味しく出来上がる様な気がしますよね。

でも、私はちょっと変わっていて、お料理する時に「ありがとう」って声をかけて作るんです。「ありがとう」の言葉には不思議な力があると感じていて、わが家では、ありがとうシールを作って、料理道具にも貼っていたり。今日、健康で料理が作れるコトに、食べてくれる人がいるコトに、食材があるコトに、料理道具があるコトに、火が使えるコトに。さまざまなコトに感謝しながら、ありがとうと声をかけながらお料理しています。

 

上勇知のたまご屋さん

カヤニファームのたまごをわが家店内

にて販売しています。

バラ売りもしていますが、一番人気は

9個入り400円とお得な

「盛り玉」

 

安心、安全で美味しい。わが家では販売を取扱いさせていただくずっと前から、卵はカヤニさんのしか食べていませんでした。息子がアトピーだった事もあり、食材に気をつけていたのも理由ですが、一番は美味しいから。カヤニさんの卵で卵かけご飯を食べると、ほんのり優しい甘さを感じます。お醤油はちょっとで大丈夫。息子は他の卵でたまごかけご飯を作ると苦いと言って食べません。多分、苦いという表現は子供ならでわで、いつも食べている甘みを感じないのかな?と思っています。

 

特徴は黄身部分の白さ。一般的に栄養価が高いとされている卵は、黄身の色が物凄く濃かったりしませんか?でも、カヤニさんの卵は白っぽい。どうしてか。これはエサを、加工して栄養価を高くした肉や飼料などに頼らず、自然食、粗食にしているから。だから、夏の緑が濃くなる時期には、黄身の色も少し濃くなるんだそうです。

出来るだけ、自然に近い環境で。その分、管理は難しく、手間も時間もかかります。でも、一番大切に思っている事をとことんこだわっているのを知っているから、カヤニファームの卵は私にとっては特別な卵なのです。

 

わが家では、カヤニさんのたまごかけご飯セット(500円)や白いミルクセーキ、ありが豆(とう)パンケーキなどでも使わせてもらっています。ご来店の際はぜひ、カヤニさんの卵、味わってみてください。


わが家のコト。


わが家にはいつもお客様の笑い声が響き渡っています。どんなBGMよりも心地良くて元気が出ます。家族やお友達同士ではもちろん、お一人でもぜひフラッとわが家のドアを開けてみてください。

心も身体も何だかシンドイ時、

疲れちゃって笑えない時、美味しくて心が喜ぶ様な物を何か一品、自分へのご褒美にいかがですか?

 

本を一冊読んだり、手紙を書いたり。

ゆっくり過ごす時間がきっと笑顔を運んでくれますよ。